ペイントホームズ
成田店

防水工事について

ベランダやバルコニー、屋上などの防水は行っていますか?

防水工事は、つい後回しにしがちですが、放っておくと雨漏りの原因になります。

一般的な戸建ての場合はベランダやバルコニーが防水工事の対象箇所になります。

今回は、ベランダやバルコニーに向いている防水工事についてお話しようと思います。

防水には大きく分けて、「貼る防水」と「塗る防水」があります。ベランダやバルコニーには、主に「塗る防水」を使用しています。

「塗る防水」には「ウレタン防水」と「FRP防水」があります。それぞれ違いを見てみましょう。

●「ウレタン防水」・・・ウレタン樹脂が含まれているゴム状の防水のことを言います。液状の防水なので、繋ぎ目もなく、複雑な箇所の施工にも向いています。乾燥をしっかりしなければならないため施工期間が延びる可能性があるので緊急で防水が必要な場合はおすすめしません。

●「FRP防水」・・・ガラスシートとポリエステル樹脂を使用した防水のことを言います。ウレタン防水と比べると、耐久性、耐水性に優れています。速乾性のある防水なので、施工期間が短くて済むのもメリットの1つですね。ただ、ウレタン防水より金額は高額になってしまいます。

形状や劣化状況によっておすすめする防水が変わってきます。どちらもメリット・デメリットがあるので、ご自宅のベランダやバルコニーにはどちらが向いているのか気になる方は、お気軽にお電話ください。