ペイントホームズ
成田店

コーキング施工方法

コーキングと言う言葉を知っていますか?

(シーリングとも呼ばれます)

コーキングとは、主にサイディングやALCなどの外壁に使用されています。外壁材と外壁材の間にコーキング剤を流し込むことで、隙間を埋め、水の侵入を防いだり、揺れや気温の変化で起こる割れを防いでくれます。

コーキングは外壁と同じように長年外に晒されていると劣化します。そのため、外壁塗装をするときにコーキング工事も一緒にする方がほとんどです。では、どのような工程でコーキング工事を行うのでしょうか?

1・養生

コーキング剤を充填する時、多めに充填します。そのため、コーキング剤がはみ出してもいいように、マスキングテープなどで周りをしっかり養生します。

2・プライマーの塗布

コーキング剤の密着を良くするためにプライマーと言う下塗り材を塗布します。

(打ち替えの場合はプライマーの前に既存のコーキング剤を剥がします)

3・コーキング剤の充填

コーキング剤を充填する時は、空気や隙間ができないように多めにコーキング剤を充填します。隙間や空気ができるとそこから水が侵入してしまい、雨漏れの原因になります。

4・ヘラで均す

ヘラ等で均等にコーキング剤を伸ばします。見た目の綺麗さと隙間を埋めるために必要な作業です。その後、マスキングテープを剥がして、しっかり乾けば完成です。

以上がコーキングの施工方法です。コーキングが割れていたり、剥離している場合はできるだけ早くコーキング工事をお願いしましょう。