ペイントホームズ
成田店

様々な種類の屋根塗装は3度塗り必要か?

屋根は形状にもよりますが、基本的に外壁よりも多く紫外線や雨などに晒されています。外壁と同じように色褪せやコケなどの汚れが発生し、放っておくと雨漏りの原因になってしまいます。なので、屋根塗装はとても重要なのです。

しかし、屋根はどのような劣化症状が起きているのか気付きにくいところです。基本的に外壁が劣化し出したタイミングで同じように屋根も劣化が始まります。外壁塗装の目安が10~15年なので屋根も同じと思って良いでしょう。

では、屋根塗装はどんな素材でも必要なのでしょうか?

基本的に「粘土瓦」は塗装の必要がありません。「粘土瓦」には、「釉薬瓦」「いぶし瓦」「素焼き瓦」などがあります。塗装の必要はありませんが、色を変えたいなどの要望があれば、塗装は可能です。

「瓦」の中に「セメント瓦」「モニエル瓦」というものもあります。これは、「粘土瓦」と違い、表面がゴツゴツしているのが特徴です。これは、塗装が必要な素材です。

屋根塗装も外壁塗装も工程はほとんど同じになります。しっかり高圧洗浄で汚れを落とし、下地処理を行います。塗装も外壁と同じく、3度塗りが基本です。

また、スレート屋根には、タスペーサーが必要な場合があります。タスペーサーは縁切りをするために必要な作業です。

タスペーサーにも種類がいくつかあるので、お見積りのご依頼の際にご自宅の屋根に合うものをご提案させて頂きます。