ペイントホームズ
成田店

外壁の色やデザインを活かした「クリア塗装」について

今の外壁の色やデザインが気に入っているけど、劣化しないように塗装しないといけないなと思っている方もいるのではないでしょうか?

外壁塗装には、今の色やデザインをそのまま活かした「クリア塗装」というものがあります。これは、名前の通り透明の塗料で塗装しても下地の色が消えません。

しかし、クリア塗装ができない(向いていない)場合もあります。

●劣化が激しい場合

外壁にひび割れや色褪せなどの劣化が目立つ場合は、クリア塗装はおすすめできません。クリアなので、ひび割れや色褪せを隠すことができないからです。

●金属系の外壁材

金属系の外壁材にはクリア塗装はできません。金属系とクリア塗料の相性が悪く、密着性が低いので、塗装してもすぐに剥がれてしまいます。

●光触媒や無機塗料で塗装された外壁材

光触媒や無機塗料といった特殊な塗料で外壁を塗っている場合、剥がれを起こしてしまう可能性があります。築10年以上たっていても外壁に艶感がしっかり残っている場合は、特殊な塗料で塗装されている可能性があるので注意が必要です。

クリア塗装は、建物の特徴を生かし、艶感と外壁の保護をしてくれるものですが、全ての外壁材に向いているわけではありません。

「クリア塗料で塗りたい」と思われている方は、早めの外壁塗装を行いましょう。